谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5203] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎6月11日の「ポルソナーレ・自己カウンセリング研究会」の「研究会」(研修会・カンファレンス)でご提示していただいたフォーム(Form)の「コーチング」の続きを説明します。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/06/13(木)20:43
[5203-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎6月11日の「ポルソナーレ・自己カウンセリング研究会」の「研究会」(研修会・カンファレンス)でご提示していただいたフォーム(Form)の「コーチング」の続きを説明します。 谷川うさ子 2019/06/13(木)20:43
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・133号)
(令和元年6月13日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎6月11日の「ポルソナーレ・自己カウンセリング研究会」の「研究会」(研修会・カンファレンス)でご提示していただいたフォーム(Form)の「コーチング」の続きを説明します。


◎「T・主題」のテーマは、「視線恐怖というもの」でした。


「視線恐怖というもの」の「視線恐怖」の名詞文の名詞の実在性を説明する必要があるので、・・・その実在性を、「好きなものでないと、丸暗記できない」「目の生理的身体の目(視覚の感覚の知覚)は働いているが、脳の中の見る能力の認知(視覚の知覚の認知)は見えていない」、と「同一性」を説明していただいています。

この「同一性」とは、ゲシュタルト形態原理の目で見た、対象の内容のことです。対象の中心となる「型」(パターン)のことです。


「視線恐怖」という名詞の言葉を対象にするというときに、なぜ、「丸暗記」が同一性であるのか、というと、「恐怖」という言葉が虚偽の言い方であるからです。


目で見ている対象になぜ、「恐怖」という言い方をするのか、を問題にしています。


「こわい」とか「不安だ」などの言い方は、多くの日本人がごく普通に言います。


カウンセリングの現場で、なにがコワイのか、何を指して不安だと言っているのかと問いかけつづけると、そこには、なんの恐怖の事実もありません。


しかし、「こわい」・・・「だから、できない」と発言します。


この「こわい」「できない」の発言なり、「できない」のとおりの行動は、最近、社会問題になっている「中高年の引きこもり」「若い世代の引きこもり」の「引きこもり」にもあてはまります。


つまり、「こわい」(恐怖)とは、そこには「恐怖」という言葉の概念の意味する実体などはなにも無い、すると「こわい」などの言い方はその言葉の正しい意味のとおりのことを指し示しているのではなくて、「こわい(恐怖)」という言い方で、「近づかない、遠去る、関わらない」、など、自分の行動を言い表している、・・・これが、日本人の「こわい」(恐怖)の正しい意味です。


「視線恐怖」の「視線」とはなにか、といえば、それは、物事を目で見ている、という行動のことです。

目で見るということができない、当然、耳にも聞こえない、聞かない、が、「視線」の意味です。


では、「こわい」とか「不安だ」と考えたり、言葉で言い現したりする人は、目で、何を見ているのか、と考える必要があります。

[5203-2] 谷川うさ子 2019/06/13(木)20:43
   ●仕事の言葉(主に、書き言葉)

●人の話す言葉(自分になにかを要求する言葉、自分に説明している言葉、自分を批判していると思える言葉、仕事の指示の言葉、大きな声で責めているような言葉、大声で怒鳴るような攻撃的な話し方の言葉・・・など)


言葉には、どんな言葉にも「意味」があります。

この言葉の「意味」(概念といいます)を正しく理解できれば、人がどういう言い方をしても、不快になるということはありません。


たとえば、ある人が、自分にたいして「このバカ野郎、てめぇなんざ死じまえ、そんな面なんざ、見たくもねぇ、あっちにいけ、だから、お前に10億円、くれてやるよ」という言葉を聞いて、ここで「こわい」「恐怖」と発言するでしょうか。むしろ、嬉しがるでしょう。

人の話しを「言葉の意味」から理解するとはこういうことなのです。


ここから分かる「こわい」(恐怖)の命題は、「言葉の意味を理解しないで、言葉の上辺だけの読み方だけを憶えて、言葉の意味という内容は、憶えない」・・・言葉をいつでも、どこでも、どんなときにも、丸暗記する、ということが「恐怖」(こわい)の正しい意味です。

丸暗記とは、言葉を記号として、行動の目印として憶えること、・・・言葉の意味(概念)は無いと無視する、あるいは見えないので、意味などは存在しない、と思うこと・・・脳の言語野から煙のようにぱっと消えてしまうから、のことです。


丸暗記していても、すでに丸暗記ができなくなっていても、「言葉」の丸暗記はいつでも、行動が止まる、自分の行動がどんどん止まりかけている、・・・それが「視線恐怖」の「視線」と「恐怖」の名詞の実在性であるのです。


また、これが、「日本人の引きこもり」の実在性を表す「同一性」の定義でもあるのです。

(明日の当、ニューズレターにつづきます)。


<前の1件]


スレッド[5203]一括削除
削除する 管理者用パスワード

[2019/10/22 02:17] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子