谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5271-2] 谷川うさ子 2019/08/16(金)20:28 修正時間切れ
これは、テクノロジーを仕事でも、娯楽でも、テクノロジーで収益をあげている人らなど、どんな人でも、脳の働き方は、「現実の事実」を見る目が見えていない・・・「盲目である」というように定義できるものです。


哲学の観点から、その証拠をあげます。


ハンナ・アーレントの「人間の条件」(ちくま学芸文庫)によれば、目で見る、という感覚の知覚は、行動の次元での「モラル・・・行動次元の共同性」(共同幻想ではない)をつくりだします。


今、毎日のように報道されている社会問題・・・芸能人が闇営業をしたから責め立てる、NHKのテレビ料金を支払いたくないからぶっつぶせ、などはおかしいという発言をした芸能人もぶっつぶせ、などなどは、モラルの破綻の現象です。
これは、家族に引きこもりがいたり、心身の不全で、家族に依存しているのを、なんとかしなければ、とは思わない、などの「モラルの破綻」と類似、共通してる脳の働き方です。


「カウンセリング」は、いったいなぜ、人はこういう倫理の破綻を喜ぶのか、の「ものの考え方」を解消する教育法です。


「コーチング」は、これらの人の発言とか行動は、どこがどのように改善されるべきなのか、と考えられるように個人指導します。

「コンサルタント」は、その「当事者の家族意識は、どのように改善されるべきなのか」「芸能人のいちいちの発言などは、また行動などは、非社会意識のサブ・カルチュアーでしかなく、おもしろくても、気にいらなくても、キッチェの現象でしかない」・・・と判断できることをいいます。


◎、このように、「カウンセリング」と「コーチング」「コンサルタント」の内容を区別して、正当な知性を学び、崩壊、破綻に巻き込まれることを防ぎましょう。



[2019/09/22 17:13] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子