谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5277] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きょうは、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「自己カウンせリグ」は、なぜ、あなたに必要か、をお話します。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/08/20(火)19:44
[5277-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きょうは、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「自己カウンせリグ」は、なぜ、あなたに必要か、をお話します。 谷川うさ子 2019/08/20(火)19:44
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・201号)
(令和元年8月20日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。


◎きょうは、ポルソナーレの「自己カウンセリング研究会」の「自己カウンせリグ」は、なぜ、あなたに必要か、をお話します。

◎事例をあげます。

「京都アニメ制作会社に放火、35人を焼殺した事件」の容疑者は、なぜ、こういう犯行に及んだのか、の「カウンセリング」が、ケースです。


おそらく、ポルソナーレのゼミ生の皆さま以外は、だれにも理解不能であるでしょうが、ポルソナーレの「カウンセリング」をよく分かっていただくために、容疑者の動機から説明します。


●どういう問題でも、そこには、原因があります。

ハンナ・アーレントは「はじめからやり直す」ことが、「許し」というものの必要と目的である、といいます。

これが、教訓を活かすことです。反省して、次の明日の行動を健全に保つための人間社会の「知的な能力」になっています。


●「京都アニメ制作会社への放火、35人焼殺事件」は、どういう行動の特徴があるか、というと「自分自身と、自分の立場」とは、関わりのない人に実害を与えた、ことです。

こういう事件は、現在の日本でも、海外でも、多く発生しています。

「行動のための、思考の言葉」が病的におかしい、変だ、歪んでいる、ということが特徴です。


このような多く見られる「行動のための言葉」が変だ、おかしい、というパターンを「同一性」といいます。

このような「行動」と「言葉」はいつ、どこで、どのようにつくられるのか、と考えるのが、「原因」はなにか、と考えることです。

行動も、言葉も、脳の働き方がつくりだします。

●「京都アニメ制作会社への放火、焼殺事件」の容疑者もまた、自分の脳から、こういう行動と、言葉をつくりだしました。


●脳で、言葉と行動を作り出すのは、「欲の脳」の視床下部です。

さらに、視床下部の中枢神経の「思索前野」(副交感神経の中枢。女性)「背内側核」(交感神経の中枢。男性)が生み出します。どちらも「性欲をつくりだす中枢神経」です。

行動のためには、交感神経が働かなくてはならない、という原則があります。

女性は、子どもの頃、母親から言葉をおしえられます。しかし、それは、「行動のための言葉」ではありません。ただたんに「おしゃべりをする」だけの言葉です。副交感神経が中枢であるのが理由です。

[5277-2] 谷川うさ子 2019/08/20(火)19:44
   だから、女性は、社会で行動するにあたり、「行動のための言葉」を初めから学習する必要があるのです。

そのうえで、あらためて、「行動」とは全く別に、「行動」を正しくなりたたせる「言葉」を学習する必要があるのです。


●男性の場合は、性欲のホルモンが旺盛なので、社会のなかでの「行動」は、交感神経の働きともに、自然に可能になります。

だから、「行動」をなりたたせる「社会のなかの言葉」だけを学習すればいい、という脳の働き方をしています。


ところが、男性が乳幼児の頃、母親が、子供の男性を「いじめる」「子どもの行動を否定する」「母親はいなくて、行動にきまりがあるなどを知らない」などのケースがあれば、その男性は、思春期のころから「行動」の言葉が歪みます。

社会のなかの「言葉」など、いくら学習しても、行動の歪みのために、破綻した行動をあらわすようになるのです。


これが、「京都アニメ制作会社への放火、35人焼殺事件」の容疑者の犯行の動機を形成します。

●ちなみに、女性の場合は、母親が乳幼児のころの女性の「言葉」を否定したり、からかったり、笑いものにしたり、攻撃したりすれば、その女性は、「社会のなかでの行動」のために「学習して憶えた言葉」を否定して、虚偽の言葉を、「話言葉」の段階から病的に言い表しつづけるのです。


<前の1件]


スレッド[5277]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/09/22 17:31] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子