谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5277-2] 谷川うさ子 2019/08/20(火)19:44 修正時間切れ
だから、女性は、社会で行動するにあたり、「行動のための言葉」を初めから学習する必要があるのです。

そのうえで、あらためて、「行動」とは全く別に、「行動」を正しくなりたたせる「言葉」を学習する必要があるのです。


●男性の場合は、性欲のホルモンが旺盛なので、社会のなかでの「行動」は、交感神経の働きともに、自然に可能になります。

だから、「行動」をなりたたせる「社会のなかの言葉」だけを学習すればいい、という脳の働き方をしています。


ところが、男性が乳幼児の頃、母親が、子供の男性を「いじめる」「子どもの行動を否定する」「母親はいなくて、行動にきまりがあるなどを知らない」などのケースがあれば、その男性は、思春期のころから「行動」の言葉が歪みます。

社会のなかの「言葉」など、いくら学習しても、行動の歪みのために、破綻した行動をあらわすようになるのです。


これが、「京都アニメ制作会社への放火、35人焼殺事件」の容疑者の犯行の動機を形成します。

●ちなみに、女性の場合は、母親が乳幼児のころの女性の「言葉」を否定したり、からかったり、笑いものにしたり、攻撃したりすれば、その女性は、「社会のなかでの行動」のために「学習して憶えた言葉」を否定して、虚偽の言葉を、「話言葉」の段階から病的に言い表しつづけるのです。



[2019/09/22 17:02] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子