谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5333-2] 谷川うさ子 2019/10/12(土)09:14 修正時間切れ
「ひらがな」「カタカナ」、そして「ヤマトコトバの漢字・漢語」が「訓読みのコトバ」です。

これが「訓読み」のコトバであると憶えましょう。

「訓読み」とは、もともとは「発音のコトバ・・・動詞のコトバ」です。

●「風呂」「ご飯」「犬」「猫」「机」「椅子」「花」などは「訓読みの漢字・漢語・・・ヤマトコトバ」です。

●訓読みのコトバは、「音読みの漢字・漢語の言葉」を「自分はこう思う」と解釈して作られたコトバです。

解釈とは、適当に意味づけして考えられた「適当な意味」、のことです。

「適当」とは、曖昧である、デタラメである、印象だけの言い方である、間違っている、・・・ということです。

●「音読みの漢字・漢語の言葉」は、弥生時代に大陸から入ってきた、と説明しました。

「音読みの漢字・漢語の言葉」は、日本の国家、経済、法、社会、組織、制度、人間関係のルール、規則、約束、善と悪の判断基準、・・・などをつくりました。

「音読みの漢字・漢語の言葉」で、欧米の文明・・・近代の産業、を輸入しました。

●皆さまの「仕事の言葉」は、音読みの漢字・漢語でつくられています。

「訓読みの漢字・漢語」と「その意味」だけしか知らない、とすれば、「仕事」は適当に解釈しで取り組んでいることになるのです。

デタラメに理解して仕事をしています。

その例が「風呂」「ご飯」「机」「椅子」「犬」「猫」などのコトバと、解釈して思い込んでいる意味です。

こういうことを踏まえて、では、どのように名詞の言葉を学習すればいいのか?、を教えます。

◎続きます。



[2020/03/30 18:00] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子