谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5336-2] 谷川うさ子 2019/10/15(火)09:36 修正時間切れ
「角度」「距離」「方向」とは、人間の目とか耳、あるいは手で触る触覚の「言い換え」、です。

「遠くから見た」「近くから見た」「斜めの角度から見た」「後ろから見た」「下から見た」・・・などが角度、距離、方向ということです。

あっちから見た、こっちから見た、歩き回りながら見た、手に取ってじっと見た、というのが、「角度」「距離」「方向」という意味です。

くわしく観察した、時間をかけて監視しつづけた、というのが、「角度」「距離」「方向」ということの意味です。

だから、「角度」「距離」「方向」の言葉で説明すると、「名詞の言葉」の示す物事が、「現に、今、ここに在る」という事実を説明することになります。

これはギリシャ時代からおこなわれているやりかたです。ギリシャ哲学のアリストテレスとかプラトンらは、こういうふうに物事を説明しています。

●普通名詞の言葉の「石」「花」などを角度、距離、方向を変えて目で見ているとおりにイメージするのは、これによって「石」「花」などの「性質」が分かるからです。

「性質」とは、いいかえればこれが「抽象」ということです。

性質とは、「そのものの成り立ち」、「そのものが在る事情」ということです。

●いいかえれば、これが「実在性」ということです。

「実在性」とは、「現に今、そのものはここに在る」という説明のことです。

さらにいいかえれば、「現に今、ここに在る」とは、目で見ている、耳で聞いている、手で触っている、ということであるのです。

◎続きます。



[2019/11/23 07:59] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子