谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5342] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎10月19日(土曜日)は、10月12日の「研究会」の振り替えの「研究会」を実施いたしました。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/10/21(月)07:54
[5342-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎10月19日(土曜日)は、10月12日の「研究会」の振り替えの「研究会」を実施いたしました。 谷川うさ子 2019/10/21(月)05:22
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・263号)
(令和元年10月21日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎10月19日(土曜日)は、10月12日の「研究会」の振り替えの「研究会」を実施いたしました。

この「ニューズレター」では、「名詞文を書く」ために、基礎の「名詞の言葉」と「抽象名詞の言葉」の学習の仕方をコーチングしてきています。

「研究会」では、どなたもこの「ニューズレター」を参考にして、「フォーム」に「抽象名詞文を書くこと」に取り組んでおられます。

今回は、そんな皆さまに敬意を表して、「フォーム」に抽象名詞文のために「主題」をたてておられている命題を事例にあげて、「抽象名詞の言葉」の学習の仕方を解説します。

どなたも参考になさってください。

●ご紹介したいのは、「失名詞症」です。

この「失名詞症」は、抽象名詞です。

抽象名詞の「失名詞症」の言葉は、「普通名詞」とは違って、目には見えない、手にも触れない、という名詞です。

●普通名詞は、たとえば「花」とか「机」とか「石」などのような言葉です。

「花」は目に見えるし、手にも触れる、ということを実在性の特徴にしていると理解しましょう。

だから、普通名詞の「花」とか「机」などを正しく学習するためには、この「目に見える」「手にも触れる」ということ、すなわち「脳での目の働き・・・知覚の認知」を説明するというのが、哲学の教える学習の仕方です。

「目で見ること」、すなわち「知覚の認知」とは人間の身体に感じる感覚のことです。

●これをどう言葉で言い表すのか?といえば、脳の野の「頭頂葉の働き方」のとおりに説明すれば、それがそのまま、「目の感覚」と「目の知覚」を説明することになります。

こういうことは、昔の哲学者のハイデッガーとか、ベルグソンらが説明しています。

●脳の頭頂葉の働きは、「距離」「角度」「方向」の意識をつくることです。

「椅子」を例にあげると、「椅子」を「遠くの位置から見る、「近くの位置から見る」・・・これが「距離」の意識です。

「椅子」を「真正面から見る、真後ろから見る」・・・「上」「下」「横」などから見る、のが「方向」の意識です。

「角度」は、「椅子」を「真上から見ればどう見えるのか?・・・円形に見える、真四角に見える」「斜めの位置・・角度の部位はどう見えるのか?・・・三角の形が見える」「縦長の線が見える」などです。

●このような「距離」「角度」「方向」のことを、「3次元」といいます。ちなみに「まだ動けない乳児」は「2・5次元」しか見えません。動けるようになると、「後ろ姿の母親」「横顔の姿の母親」「別の部屋に行って姿が見えなくなっても母親は居るとイメージできる」と、3次元のイメージを思い浮かべるようになります。

●この3次元のイメージが「抽象」ということです。

●抽象とは、言い換えると「性質」のことです。

「性質」とはなにか?といえば、それは「成り立ちの仕組み」「そのものは、なんで存在しているの?・・・の事情」のことです。

●これが「普通名詞」(固有名詞)の言葉の学習の基礎です。

[5342-2] 谷川うさ子 2019/10/21(月)07:54
   普通名詞の場合は、目に見えるし、手にも触れるので、「性質・・・抽象化した内容・・・意味」はわりあいに理解しやすいことが分かるでしょう。

●抽象名詞は、「失名詞症」を例にとると、「石」とか「花」などのように、手で触れるというようには存在していません。

目の前にある「コップ」「パン」などが見えていない、という、人間の目の働きの能力の欠落という心的な現象の事実が「失名詞症」ということです。

しかし、名詞の言葉は、普通名詞であっても、抽象名詞であっても、「イメージが思い浮かぶ」ことを特質にしています。これが名詞というものの本質です。

●そこで、抽象名詞の「抽象」とはなにか?ということを説明しました。

「抽象」とは「石」「机」「花」でも、そのものの「性質・・・成り立ちの仕組み。こういうものがなぜ、存在しているのか?、を説明する事情」・・・その言葉の「意味」のことです。

●同じように、抽象名詞の言葉の場合も、「成り立ちの仕組み。事情」を辞書などで調べて分かる必要があります。

この「辞書」などで調べる、ということが努力というものです。調べなくては、たんなる解釈になり、自分はこう思う式の妄念(主観)を話すことになります。

●抽象名詞の言葉の「成り立ち」や「事情」は、この言葉を使う「場面」「状況」のことです。

この「場面」「状況」には、人間の動きとか、フォームの形があります。このことを重要なこととして理解してください。

●この抽象名詞の成り立つ「場面」「事情」は、「目に見える」「手にも触れる」ことを分かりましょう。

●ここには、「成り立ち」という仕組みを説明する内容があることを分かりましょう。

●また「事情」という人間の動きに関する「働きかけ方」
(作用)があることを分かりましょう。

お送りしているニューズレターには「抽象名詞の言葉」は2つの種類があると説明しています。

●例をあげれば「恋愛」とか「愛情」「精神障害」「うつ病」「幻聴」「幻覚」「視覚障害」「聴覚障害」などのように、「人間関係がつくる抽象名詞」です。これが1つ目です。

●2つ目は「会社」「仕事」「年金」「報告」「経理」「税理」「利益」「損害」「計画」「「業務」「「パワハラ」「乳がん」「子宮筋腫」「卵巣腫瘍」「脳梗塞」「認知症」などです。

◎「失名詞症」も2つ目の抽象名詞です。

名詞の言葉は、「イメージ」を思い浮かべることが学習ということである、と説明しました。

これが動詞文の脳の働き方を名詞文の脳の働き方に変えるということです。

●こういう順序を踏まえて、順々にたどらなければ、日本人の母系制で驚くほど病的に固まっている脳の働きかたは、容易に変えられるものではない、というのがポルソナーレのカウンセリング・ゼミを経た結論です。

◎ポルソナーレのフォーム(Form)では、「名詞の言葉」を「もの」と「こと」の2つの文に書きましょう、と指示しています。

●「失名詞症」は「失名詞症というもの」の「物」が「成り立ちの仕組み」です。

「もの」とは「物」のことです。「場面」「状況」の中の「失名詞という症状の支障とか障害の現象」を説明する内容が「失名詞症というもの」(主題)(命題ともいいます・・・例えば、「地球は丸い。」の「丸い。」が命題の文です)。

「失名詞症というもの」の文(帰納による文)は、観察記録のような、「ああいうこともあった、こういうことも起きた、こういう妙なことも起きている、いったいなぜ、目は開けていて焦点も合っているようなのにその物が無いかのようにふるまっているのか?」・・・という説明の文で、事実や事実関係とともに、説明するのが、この「失名詞症というもの」の文です。

●「失名詞ということ」の「事」は、「事情」のことです。

「ルール」「決まり」「約束」「法的な規範」などが「事」・・・すなわち「事情」です。

「失名詞症とは、どういう決まりごとのことをいうのか?、どういう原因があればこういう障害ができるのか?、どういう目で見る能力の欠如があれば名詞の言葉の示す事物が目に見えないのであるのか?」・・・などが「失名詞症」の定義・・・約束事であるのか?を説明する内容が「失名詞ということ」の文です。これは「演繹の文」で説明します。

●またこの文が「問題解決の知的な能力」の完成です。

いちおう、フォーム(Form)の完成までのたどり方をコーチングするとこんなふうです。

ひとまず、ご参考になさってください。

◎続きます。


<前の1件]


スレッド[5342]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/11/23 07:29] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子