谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [新規投稿] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[5360-2] 谷川うさ子 2019/11/05(火)09:48 修正時間切れ
むつかしく言うと「成り立ち方」は、心的な現象といいます。

しかし、難しく考えるのではなくて、正しく見る、ということを演習する、と考えましょう。

あなたが、「対象者A」には、見えていないようだな?と気付き、これは問題だな、と自分の目で見た事実をとらえて、これを「同一性」という原理の型(pattern)で認識する、というのが、演習です。

こう考えると、なんだ、簡単じゃないか、と思えるでしょう。

簡単なのです。

●簡単ではない、と思える人は、例でいうと、「失名詞症のの人を自分の目で見ていない」のです。

毎日、毎日、その人を自分の目で見ているのに、「こんな人、どうでもいいよ」とか「この人、嫌い」と無視して記憶から消し去っているか、のどちらかでしょう。

もしくは、見えていない人を自分はたしかに見ているのに、その見えていない人をみて、なんの興味も、関心ももてない、死のうと生きようと、そんなことはどうでもいいんじゃない?と考えていれば、「対象者A」の人が「見えていない」ことについては、なんの問題意識にものぼりません。

●フォーム(Form)の「主題」に「失名詞症」を命題として立てていただいた方は、日々、よく観察しておられるので、「研究会」の演習テーマとして共有できています。

この日頃の観察に敬意を表して、ここでニューズレターでも演習のモデルとして、ご一緒に考えさせていただいています。

◎続きます。

次は、「第一の性質か」の解説から、フォームでの「5W1H」の書き方、「帰納」、「演繹」の名詞文の書き方、まで、お話する予定です。



[2019/12/08 12:09] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子