谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5361] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きのうの続きです。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/11/06(水)20:35
[5361-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ◎きのうの続きです。 谷川うさ子 2019/11/06(水)20:34
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

─────────────────────────────────
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・279号)
(令和元年11月6日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

◎きのうの続きです。

きのうは、フォーム(Form)の形式にしたがって「自己カウンセリング」・・・名詞文を書く・・・その書き方をお話しました。

●フォーム(Form)には、初めに、主題を書きいれます。

例をあげると「失名詞症」が主題ならば、「失名詞症というもの」「失名詞症ということ」と、2つの文を書き入れます。

●これは、フォーム(Form)にじかに書きます。

●次に、「失名詞症というもの」だけを取り出して、これを、別紙か、ノートで「演習」をします。

「失名詞症というもの」の、「もの」(物)の名詞の言葉を、あなたの脳の中で、名詞の言語野で記憶できるようにする、つまり、あなたの脳の働き方を変える、という演習をするのです。

名詞の言葉とは、言い換えると、「目で見る」という能力のことです。

いままでは、「目で見るという脳の働き方」ができていなかったのが、あなたです。

これは、日本語(ヤマトコトバ)が、動詞文であったためです。

●「目が見えていない」ならば、脳の仕組みからいえば、「耳も聞こえていない」、ということになります。

これを一気に、名詞を記憶できる脳の働きに、ぱっと変えてしまうのが、「ゲシュタルト形態原理」です。

●そこで、ゲシュタルト形態の3つの型(pattern)でも、基礎の柱になる型(pattern)の「同一性」を演習してください、とお教えしてきました、。

「同一性」の演習とは、例でいえば主題の「失名詞症というもの」の「もの」の「成り立ちの仕組み・・・失名詞症の意味になります」を書く、ことででした。

では、「失名詞症」の意味である「同一性」の内容はどうすれば分かるのか?といえば、・・・「もの・・・物・・・失名詞症ををあらわす人・・・対象者Aの行動とか言葉とか生活の仕方とかを、、よく見てみる、・・・観察する」ことで分かるのです。

上から見る、横から見る、近くから見る、離れたところから見る、・・・これが観察です。

谷川うさ子さんのぬいぐるみを「上から見る」「下から見る」「横から見る」・・・などと同じです。

これが「同一性」の説明になります。

ポルソナーレのカウンセリング・セミでも練習をしました。皆さまは、どなたも観察して絵に描けていました。

「同一性」の分かり方は、すでによくご存知なのです。

●「失名詞症」の「同一性」は、「目の前の物を見ているのに、しかし、見えていない」である、ということでした。

●ゲシュタルト形態の型(pattern)の「共通性」とは、「目の前の物を見ているのに、しかし、見えていない」の「共通性」です。

●「類似性」は、「目の前の物を見ているのに、しかし、見えていない」の「類似性」です。

●ここでは、「目で見る」という脳の働き方は、「同一性」が土台になっているということを理解しましょう、とお話しました。

[5361-2] 谷川うさ子 2019/11/06(水)20:35
   ここでの演習とは、「共通性」とか「類似性」の名詞文をノートに書いてみるときに、「同一性」の意味のとおりに「共通性」を観察するのだな、と分かることです。

●「同一性」の意味の「失名詞症」の成り立ち方・・・「見えていない」を覚えていて、「見えていない」に「共通すること」を観察してください、と指示されている、と演習しましょう。

「見えていない・・・対象者のAは、家に帰る道が見えていない」などが「共通するもの」でしょう。

この演習が、あなたの脳の働き方を、名詞の言葉を記憶できる脳の働き方にぱっと変えるのです。

●「類似性」もおなじように演習します。

「同一性」の意味の「見えていない」という成り立ち方の「類似」ということですから、この「観察者」があれこれと介助して、名詞の言を話す・・・「風呂なんか入らないよ」と耳に入らない、「風呂」の名詞の言葉を拒絶する、・・などが「類似」している「見えていない」(イコール=聞こえていない)に該当するでしょう。

●ここでの演習で大事なことは、「同一性」をものさしにして、つまり、土台にして、「同一性」の意味のとおりに「見る」・・・思考する、学習する、ということです。

こういうことは、仕事でも、英語の学習でも、病気を治すという場合にも、間違いなく必要なことであるのです。

このように演習をする、しない、の違いを考えてみましょう。

●「同一性」を基準にして、「共通性」と「類似性」について「対象者A」の「失名詞症」を観察したとおりに、今度は、「自分の目で見た失名詞者A」についての「見ること」を演習するのが「ジョン・ロック」の「第一の性質」です。

●「ゲシュタルト形態」の演習では、あなたの脳の働き方は、名詞文の脳の働き方に変わりました。

ジョン・ロックの「第一の性質」では、あなたの「名詞文を書ける脳の働き」を、実践で試してみる、という演習をおこなうのです。

●この演習で、あなたは、仕事では有能になるし、英語の学習でも、たいした苦労もなくめざましく上達します。

家族の認知症も、治せるものは治せます。

◎続きます。


<前の1件]


スレッド[5361]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/12/08 11:27] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子