谷川うさ子の「今日の一言」掲示板


この「谷川うさ子の今日の一言」と「掲示板」は、「ポルソナーレのカウンセリング・ゼミ」と、
そして、「現在の日本の社会情勢」についてインフォメーションするコーナーです。
みなさまの「社会性の知性の発達」(脳の発達)の道しるべとしてお役立てください。

読むだけでは、情報の浪費になり、せっかくの情報を無価値にします。そこで、お読みいただいたら
[ワンマンカウンセラー・コース(人間関係の能力づくり)]
[お試しカウンセリング] [カウンセラー養成ゼミ] [ゼミ・イメージ切り替え法]
[脳の働き方から変える新・性格教育法] [入会案内]
のいずれかをクリックして、ごらんください。

なお、ご投稿は、「文章」に社会性があること、社会的責任が表現されていること、を基準にして受け付けます。

[トップページ] [返信] [タイトルリスト] [スレッド一覧] [内容表示] [使い方]
件ずつ ページ目 and or 検索

[次の1件>

[5364] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ●明日、11月9日(土曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンせリグ研究会」の、11月1回目の「研究会」を実施いたします。 谷川うさ子 - 最新投稿 谷川うさ子 2019/11/09(土)14:01
[5364-1] こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。 ●明日、11月9日(土曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンせリグ研究会」の、11月1回目の「研究会」を実施いたします。 谷川うさ子 2019/11/09(土)14:01
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポルソナーレ自己カウンセリング研究会・ニューズレター

ポルソナーレ・カウンセリング・ゼミ会員に特化した特別の個人指導通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本人の脳の働き方がつくる認知症の予防・改善のための実践実技をレクチュアします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
谷川うさ子からあなたへの真実の愛のメッセージ!!
発行責任・全日本カウンセラー協会・ポルソナーレ指導本部=谷川うさ子
(第1期・282号)
(令和元年11月9日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。全日本カウンセラー協会・ポルソナーレの谷川うさ子です。

●明日、11月9日(土曜日)は、ポルソナーレの「自己カウンせリグ研究会」の、11月1回目の「研究会」を実施いたします。

●11月12日(火曜日)は、ホテル・エクセレントのロビー喫茶「マーブル」で、「研究会」を実施の予定です。

◎11月の「研究会」を前にして、「自己カウンセリング」をおこなうための「コーチング」のアドバイスをお話します。

●「ポルソナーレの自己カウンセリング」は、フォーム(Form)の構成の形式のとおりに、「名詞文を書く」という方法でおこないます。

●これは、「自分にとっての問題を、自分の知性で解決する」ことが目的です。

吉本隆明は、「理論的に可能なことは、現実にも可能なことである」と明言しています。

これは、どんな哲学でも述べている哲理です。

どういうことかといえば、あなたが、どういう立場の人であっても、・・・東大の学者でなくても、という意味です・・・「フォーム(Form)をつかって名詞文を書き、帰納、あるいは、演繹まで名詞文を書けば、それは現在の東大の学者よりも、レベルの高い問題解決の対策と、方法になる、ということです。

学歴とか職歴とは、関係なく、哲学が保証するもっと正しい問題の解決の内容になる、というのが「フォーム」(Form)をつかって、あなたが考えた問題の解決の仕方です。

また、今の時代は、ネット情報を中心に、誰もがあれこれといろんな意見を言うポピュリズムの時代になっています。

大衆社会とは、病理の言葉から、個人が、好きなように、好きなことをしゃべるという社会のことです。

ネットでは、誰もが、自分の欲求のまま、匿名のままに発言に責任を持たない位置から、なにごとかをおしゃべりをして、言いっぱなしを消費しています。

フォーム(Form)の形式のとおりに名詞文を書けば、誰の、どの発言が「真」(しん)で、どの発言が「偽」(ぎ)であるのか、を判断することができます。

◎このことは、あなたが、なにごとかの問題を抱えているという場合は、それが、身体の病気であっても、医者の治療だけに受け身で依存するのではなくて、自分でも、その病気を治すという、問題の解決のために自分がやれることはたくさんある、ということです。

●「フォーム」(Form)に名詞文を書く、という場合は、必ず、初めに、「自分はなんのために、名詞分を書くのか?」という目的を、自分にも、他者にも、しっかりと説明をしましょう。

この説明のための土台になる「演習」が、「ゲシュタルト形態」の型(pattern)の「同一性」(もの)です。

また、「ジョン・ロック」の「第一の性質」の「静止」(こと)と「凝固」(こと)の「演習」です。

●名詞文を書くということの目的が曖昧なままでは、いつまでも、名詞の言葉(もの・こと)と、動詞の言葉の区別がつきません。

名詞の言葉が正しく成り立っていなければ、「フォーム」(Form)の「5W1H」の欄に記入しても、名詞の言葉の自覚がないので、動詞文のままを、「自分は、なにをした、自分はなに思った」などと書きつづけることになります。

すると、フォーム(Form)の欄の「帰納」も、動詞文を書き、「演繹」の欄にも動詞文を書いて、ここには、どんな問題の解決も示されない、という結果になります。

◎このようなことをあらためて分かって、自分の問題、あるいは、家族の問題、動詞文だけで仕事をしていると将来は貧困、あるいは認知症に行き着くという問題、などの「対策」を自分で導き出す、問題の解決にかかる、ということを目的にして、名詞文を完成させましょう。


<前の1件]


スレッド[5364]に返信
名 前
アイコン
 色 
内 容


[2019/12/08 11:57] 谷川うさ子の「今日の一言」掲示板 管理人 谷川うさ子