全日本カウンセラー協会 ポルソナーレの新・通信講座のご案内

『谷川うさ子王国物語・パート・X』
(実践実技・日本語講座。日めくり式プリント形式のテキスト。日本語トレーニング・ペーパー)

日本人の最大の暗黒問題は、要介護状態になること!!です
予防と改善の仕方の真実の愛のメッセージをお伝えします

経済の貧困は認知症の周辺症状がつくる!
人間関係の不和……
嫌われる、イジメられる、トリ残される、相手にされない、見下される……
なども周辺症状が引き起こす!
血流障害、血液の中の生化学物質がつくる症状、異常行動も周辺症状!!

周辺症状とは、脳の働き方からみると「幻覚」「幻聴」のことです。
みるみる解消する「セントラルドグマ(生体防御システム)」を働かせる
史上最強のカウンセリング・メソッドが身につきます!!

 『谷川うさ子王国物語』パート・X(ファイブ)
(実践実技・日本語講座。日本語トレーニング・ペーパー)の学習の効果と目的についてご案内いたします!

●認知症(痴呆症)を予防します!そして改善します!

 日本人の最大の問題は、要介護状態です。この要介護状態は、必ずしも高齢者だけに限った問題じゃないってこと知っていましたか?はっきりそうとは分かっていなくても、うすうすとは40代、50代の人の問題でもあるとは、感覚的に分かっている人は多いでしょう。若年性の痴呆という言葉もあるくらいですから。
 ポルソナーレの40数年にわたる研究から分かったことは、すでに10代、20代から始まっています。要介護とは、ひとりでできていた行動をぜんぶ、他者にやってもらうことですが、これは、認知症(痴呆症)の周辺症状が原因です。行動が部分的、限定して止まるというのが、周辺症状です。

 学校に行く気がしない、仕事に行く気がしない、人と話す気になれない、性もしくは性と二人きりで話す気がしない、家の外に出る気がしない……などが、行動の部分的、限定的な止まりです。
 脳の働き方に原因と理由があるのです。

 『谷川うさ子王国物語』パート・Xは、脳の働き方を変えて、認知症(痴呆症)の周辺症状予防します。そして改善の仕方も分かるので、たいへん画期的な学習です。

●経済的な貧困の全ての原因は認知症(痴呆症)にあるわけではありませんが、しかし、周辺症状から中核症状(行動の止まり)に進むと、貧困、財産の消失はあたり前に起こります!家、貯金、資産を守るのが『谷川うさ子王国物語』パート・Xです!!
 周辺症状とは「行動」が「部分的」「限定的」に止まることです。「仕事に行きたくない」「管理職だが、部下が仕事に来なくなった」「仕事の中で仕事の説明がニガテ、あがったり、人の目が気になったり、パニックになったり、眠れなくなる」「女性、もしくは男性が怖い」なども周辺症状です。
 「人の話が憶えられない」「作り話をしゃべる」「あいさつ返事をしない」「話す相手の顔、目を見ない」「説明する人の顔を見ないで、ノートに聞き書きをする」というのも、認知症(痴呆症)の周辺症状です。
 必ず、行動の完全な止まりの「中核症状」に行きつきます。
 すると、要介護状態となって、全財産を吐き出して施設に入るなり、寝たきり状態のまま狭い部屋で、トイレと食べることを人の世話になって何年も過ごす毎日になります。

 原因は、日本人に特有の脳の働き方にあります。
 右耳、右目(左脳)で聞いたり見たものを、左耳、左目(右脳)でせっせと「忘れる」あるいは「打ち壊す」という脳の働き方に原因と理由があります。
 「人の話す言葉を憶えられない」「相手の顔、目を見ない」、「人の話すこと、読んだ文や文章を作り変えてねじ曲げる」「相手の顔、目を見るが、作り話をしゃべる」などがつくり出す脳の働き方です。
 ポルソナーレは、こういう脳の働き方のイメージや言葉、行動を「幻覚」「幻聴」と定義しています。

●認知症(痴呆症)の周辺症状は、インターネットの「ネット検索」がパソコン、スマホ、デバイスの画面(ディスプレー)に表示されて「行動の止まり」を完成させています!!
 周辺症状とは、脳の働き方から見ると「幻覚」「幻聴」のことです。
 昭和40年や50年の頃は「テレビの画面」や「電話」が触媒になっていました。その前は、どうであったかというと、吉本隆明『共同幻想論』(角川ソフィア文庫)でのべているように「共同幻想」(言葉と人間関係の法則)が触媒になっていました。

 現代は、パソコン、スマホ、デバイスのディスプレー(画面)が触媒になって、「幻覚」と「幻聴」を完成させています。

 欧米人は、テクノロジー通信を帰納確率アルゴリズム)でバーチャル(仮想空間)を表象しています。
 それが『ウォール街のアルゴリズム戦争』(日経BP社、スコット・パタースン)に説明される「ダークプール」(私設の金融商品の市場)です。

 日本人は、「幻覚」と「幻聴」で「バーチャル」(仮想空間)を脳の中につくり上げています
 「幻覚」と「幻聴」が完全に完成しています。

◎幻覚……言葉を全く記憶できないこと。
◎幻聴……作り話をしゃべること。
◎行動が止まる、もしくは、自分の行動を壊し、他者の行動を壊すこと。


 こういうことは、誰も気づいていませんが、約40年間、脳の働き方を研究してきたポルソナーレの考察の目には一目瞭然に明らかなことです。
 「スマホの持ち歩き、見ながら歩き」「人としゃべるときにスマホを出して画面を見ながら話す」というのは、「幻覚」か「幻聴」による「行動破壊」の周辺症状です。

◎「幻覚」と「幻聴」も、程度の問題です。身近な人の悲しみに共感する心や精神があるうちは、脳の働き方を変える学習が可能です。
 すると、認知症(痴呆症)の周辺症状予防できます。改善も可能です。
 ぜひ、一日も早く入会して、学習に取り組み、よりよい学習成果をあげてください。

脳を発達させるトレーニング・ペーパー『谷川うさ子王国物語・パート・X』 年間カリキュラムの構成
月のテーマ 週のテーマ
1週め 2週め 3週め 4週め
1 日本人が病気を愛好する理由 右脳の視覚・聴覚がつくる 日本人の心身の病気は、日本語を内扱いで話す、がつくる 右脳・視覚野、聴覚野は作話症をつくる 左脳・視覚野・聴覚野を使うと正常な脳の働き方になる
2 日本人の病気の実態、幻覚と幻聴 母親が子どもの顔、目を見ないと幻覚をつくる 母親が子どもの顔、目をニラんで作り話を話すと幻聴になる 母親が子どもの話をおしまいまで聞かないと幻覚になる 母親が子どもにグチ、心配ごとを話すと幻聴になる
3 強迫が、相手の顔、目を見ない、病気をつくる 人の目が恐い、は強迫のこと 人の目が怖い、人の目が気になる、も強迫がつくる 強迫とは、言葉、行動を忘れることである 強迫が、日本人の行動をつくる
4 「相手の顔、目を見る、見ない」が「強迫」をつくる 「強迫」とは、「ある」を「ない」と考えることである 「強迫」とは、「無い」ことを「有る」と考えることである 目で見ているのに「無い」から「見ない」「壊す」のが「強迫」である 日本人は、仕事、勉強、生活の中の「名詞」を「無い」と考えるから痴呆症になる
5 認知症(痴呆症)の予防と改善は、学習障害を治せ 認知症(痴呆症)とは、「学習障害」のことである 日本人は誰もが「学習障害」をつくる 学習障害は、「強迫」をつくる 学習障害を治すには「名詞」を学習する
6 学習障害を治す
「名詞」の「認知的不協和の法則」による学習
学習障害を治す
「名詞」の学習
日本人は「名詞」を学習すると病気が治る 「名詞」を話せば認知症(痴呆症)は治る 心の病の人には「名詞」を「認知的不協和の法則」で話せば解消する
7 学習障害は「漢字・漢語」の「名詞」の学習で治る 日本語とは「和語・ヤマトコトバ」のことです 「漢字・漢語」の正しい学習の仕方 「漢字・漢語」は、「読めて、意味を正しく分かること」が必要 「カタカナ言葉」は甘い毒薬です
8 「学習障害」と「言語障害」を治せば「認知症」(痴呆症)は防げる 日本人の「言語障害」は、「漢字」「漢語」の意味が分からないことです 日本人の「言語障害」の対策を教えます 「漢字・漢語」は、「音読み」と「訓読み」の二つと理解しましょう 社会、生活、人間関係は「漢字」「漢語」の「音読み」でつくられています
9 言語障害の言葉を正しく使えば認知症(痴呆症)は防げる 言語障害の言葉はこういうものです 外側核の欲が行動の止まりをつくります 腹内側核の欲が曖昧な言葉をつくります 言語障害は、「5W1H」の言葉を話すと防げます
10 完全解明。認知症(痴呆症)の原因と対策を教えます 認知症(痴呆症)とは、「記憶しないこと」です 認知症(痴呆症)が「憶えること」と「憶えないこと」を教えます 認知症(痴呆症)とは、「分からない」「できない」の言葉のことです 認知症(痴呆症)とは、「自分はこう思う」の「思う」の言葉のことです
11 日本人の認知症(痴呆症)の予防と改善の仕方 認知症(痴呆症)とは名詞を記憶しないこと 日本人が使っている名詞は「品詞の転成」でつくられている 社会と現実は、名詞、抽象名詞でつくられている 名詞を憶えない人が心・精神の病で生きている
12 日本人の認知症(痴呆症)は、なぜ、精神分裂病をつくったか 認知症(痴呆症)とは「動詞」だけの話し方がつくる 人間の動詞(行動)には必ず「目的」(名詞)が必要です 日本人は「もの」「こと」で名詞、抽象名詞をつくると認知症が治る 日本人のつくる認知症(痴呆症)は、精神分裂病をつくってセントラルドグマを破綻させている

メニュー (一部公開)

お申込み・お問い合わせ

TEL 03-3496-6645
FAX 03-3464-5905
mail info@porsonale.co.jp

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-14-3
サンライズビル3F
地図・アクセス

参考ページ

検索

ポルソナーレのサイト内検索です。ご不明な用語など検索してみてください。



クリスティーヌ テンプル
脳のしくみとはたらき


フロイド・E・ブルーム
新・脳の探検(上)


フロイド・E・ブルーム
脳の探検(下)―


貝谷久宣
脳内不安物質


大野 晋
日本語の文法を考える


山下 秀雄
日本のことばとこころ


瀬戸 賢一
メタファー思考


G.W.F. ヘーゲル
精神現象学


ハーバード流交渉術


リチャード バンドラー
神経言語プログラミング
頭脳(あたま)をつかえば自分も変わる


リチャード バンドラー
あなたを変える神経言語プログラミング


ルポ 老人地獄


介護ビジネスの罠 長岡美代



ウォール街のアルゴリズム戦争
スコット・パタースン


野口 晴哉 整体入門


野口 晴哉 風邪の効用